投資というのはいくらでもやるところの方向性というのはあったりするのですが例えば株式投資であれば配当金を狙うのかそれとも値上がりしたり値下がりしたりすることを狙って投資をするのかということが違ってくるわけです。はっきりいって、かなり難しいこともあります。具体的に言いますと師匠というのはなかなか読み難いことがあるからであり、プロですらよくわからないという状況はあったりするのです。ですから、安定性を狙うという点において株式投資ではまず配当金を狙うというのがお勧めできます。単純に配当金が大きいところが良いというわけではなく大事になってくることは何と言っても安定している企業であるのかどうかということでしょう。それがはっきりとしているのであればやってみる価値があるといえるのです。配当金というのは常に出しているわけではなく途中でやめるということもあり得るのでそうなりますと株価が下がることになりますのが怖いところです。https://www.stmaryschoolmattoon.org/taiken/higedatumo.html